マクビティー・はちみつ・チョコバー

未だバレンタインネタが続きます(笑)。

d0087418_055275.jpg
じゃ~ん!
マクビティー・はちみつ・チョコバーです。
マクビティービスケット、はちみつ、クーベルチュールチョコレート、無塩バター、くるみをただレンジでチンして溶かして、冷やし固めた、それだけのチョコです。

d0087418_0564733.jpg
中身はこんな感じ。駄菓子っぽいでしょ?

この駄菓子がけっこう豪華に見えるのは、ひとえにこのラッピングにかかっております。
この銀紙・・・・これはリードのサンドイッチ用クッキングペーパーなのです(笑)。

d0087418_152960.jpg
くるくる・・・。
表面が銀紙で、内側が水分を逃がさない、ハイテクペーパーです。
サンドイッチの代わりにチョコを包み、赤いサテンリボンでひと結びするとこうなります。

d0087418_0584910.jpg
ちょっと見豪華でしょう?

このように、なんてことない駄菓子をいかに楽しく豪華に見せるかが、バレンタインの楽しみでもあります(笑)。

●ブログランキング参加中。 更新遅れ気味ですみません。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-20 01:04 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(2)

バレンタイン・プレゼントされたプレゼントチョコたち

バレンタインデーは、毎年けっこう友人達から依頼がくるので、人へプレゼントするチョコはたくさん作るのですが、なかなか自分でもらうことはないんですよね。

今年は、思いがけず手作りチョコセットをもらいました!
コレです!
d0087418_21383258.jpg
3種類も入ってたんですよ~! 全部手作り!

d0087418_21391411.jpg
ブラウニーです。チョコチップとくるみがたっぷり入っていて、しかもチョコレートでデコレーションしてあります。し~っとりしてて、ほろっとしてて、美味しかった~(^_^)v

d0087418_21401126.jpg
チョコレートのサクサククッキー2枚にチョコレートがサンドしてあります。名前不明(笑)。

d0087418_21411482.jpg
ココナッツメレンゲ。まるで買ってきたみたいですが、これも手作りです。カリカリで美味しかったです。

「手作りお菓子をもらう、嬉しいキモチ」を味わうことができたバレンタインデーでした。
私のお菓子をもらった人も、こういう気持ちになってくれるといいな。

私のお菓子を食べた方が少しでも、私のお菓子で嬉しいとか、美味しいとか、楽しいとか、キャッキャッとか、しみじみ~っていう気持ちになって欲しい。

そんなお菓子を作るのが今年の目標ですo(^-^)o

●ブログランキング参加中。 今現在、もんのすごい猛吹雪だな~と思ってたら、「暴風雪波浪警報」出てた・・・・ま、青森市人は見慣れている警報なので、だれも何とも思ってないけど、他の県の人が見たらドン引きするんだろーな~・・・(笑) PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-15 21:43 | 日々のこと | Comments(2)

びっくりしました・・・

今日は、とても冷たい風が強く、1日中救急車の音や、消防車かパトカーか分からないサイレンの音がなっていました。
ニュースで見たら、八甲田ロープウェー付近で雪崩があって、スキー客の方が2人亡くなったとのこと。びっくりした~・・・。

だって、私の家から八甲田ロープウェーってちょうど車で25分くらいのところで、雪のない時期はしょっちゅう通っているのです。
八甲田山を越えるのも、だいたい私の運転で1時間くらいなので、山そのものがとても身近な存在です。

いつも通っている場所での雪崩・・・とても驚きました。
心から、ご冥福をお祈りいたします。

今は身近な山とはいえ、映画「八甲田山」にも描かれたように、100年前には世界山岳遭難事件史上最悪といわれる、210名中199名が凍死した八甲田雪中行軍遭難事件があった場所です。。

今日の現場は風速40m、視界も5~6mだったそうです。

雪国に住んでいる怖さを久しぶりに感じた1日でした。

●ブログランキング参加中。 びっくりしました・・・ PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-14 20:17 | 日々のこと | Comments(4)

失敗しました・・・(>_<)

久々に失敗しました・・・・(>_<)

お菓子はしょっちゅう失敗してるので、なんてことないんですけど、今回は相手があることなので、よけいヘコんでます。

バレンタインデーに合わせて、友人に14日AM必着でチョコ詰め合わせを宅急便配送したのですが、約束はナント!
13日AMだったのです。
とても楽しみにしていたそうで、ず~っと待ってたって・・・。

私も、かなり以前から張り切って作り、明日は友人の喜ぶ声がきけるかと思ったら、「まだ着いてないよ~」の電話。
もう~申し訳ないやら、悔しいやら、自分に腹立つやら・・・。

歳とっても、若い時からのそそっかしさは変わらない・・・あ~自己嫌悪・・・(≧д≦)/

友人なので、最後は笑って許してくれましたが、お菓子って送られる方はとてもとても楽しみにしているんですよね。ごめんなさ~い! 許して~!(涙)

明日こそ、あさってこそ、もーちょっと成長した自分になれますように。
そそっかしさが治りますように・・・
落ち着いて判断できる大人になれますように・・・・
ノ”(@ ̄_ ̄|||) ::

●ブログランキング参加中。 こんな私で恐縮ですが・・・ PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-13 23:21 | 日々のこと | Comments(4)

スプーン・ガナッシュ

みなさまもバレンタインで作るチョコ、買うチョコ、いろいろお忙しいことと思います。
d0087418_2201471.jpg
さて、私が今回、バレンタインチョコの依頼を受けて作ったスプーン・ガナッシュです。

ガナッシュというのは、普通のチョコレートに生クリームを混ぜて、クリーミーにしたチョコのことです。トリュフタイプのチョコにも使われます。

このガナッシュをスプーンに流したのがこのスプーン・ガナッシュです。
ホントのホントは銀のスプーンに流すととてもオッシャレ~でかっこいい~のですが、もともと銀のスプーンが家にない上、そんなものをバレンタインにあげたりもらったりする風習がこの青森にあろーはずがない・・・・(笑)

とゆーことで、139円で10本入っている(笑)、プラスチックのスプーンに流してみました。
このチープさがかわいいと私は思うんですが・・・(笑)

d0087418_2234175.jpg
ガナッシュを流す時は衛生上、必ずアルコールで消毒したスプーンを使用します。

d0087418_224329.jpg
ガナッシュを流したら、固まる前にいろんな色のアラザンとか、くるみとか、干しぶどう、干しあんずなどをトッピング!
紫色のは、クリスタルフラワーリラローズといいまして、本物のリラの花の砂糖漬けに加工したものです。この辺、凝るとキリがありません・・・(>_<)

d0087418_2251220.jpg
もらった方はぺろぺろキャンディーのようになめていくと、ゴリゴリのアラザンやコリコリくるみやしっとり甘いドライフルーツの食感も楽しめるというわけです。
ちなみに、黄色の丸いのは、クリスタルフラワーミモザといって、ミモザの花をイメージした砂糖菓子です。

d0087418_2255689.jpg
余ったガナッシュをオーブンシートに絞り出して、テキトーに余った材料をトッピングしたもの。

友人にあげたら、こっちの方が感激されて、ショックでした・・・(笑)

そういえば、去年もこのスプーンガナッシュを友人にプレゼントしたら、このチープなプラスチックスプーンをずっと愛用しててくれて、何だか嬉しかったです(笑)

●ブログランキング参加中。 スプーン・ガナッシュ見てね! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-12 22:09 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(4)

バレンタイン・チョコ・メダイヨン

d0087418_22543942.jpg
メダイヨンといいます。

正式には、テンパリング(温度調節)したメダル型のチョコレートに、干しぶどうや、干しいちぢくやナッツなどをのせたものをいいます。
今回は小さくコイン型でスマイルです。柳瀬久美子さんの本(オレンジページ刊)にのってたものをアレンジしてみました。

確かハミガキかなんかのCMで、森高千里さんが子どもに向かって、「ダメダメよ~!」といいながら手に持ってたチョコ・・・・と言っても誰も知らなかったけど(笑)。

チョコレートのテンパリング(温度調節)・・・・それは、毎回私を苦しめる・・・(>_<)
コルドンブルーの講習時には、下唇の下に直接チョコをつけて判断する方法を習ったのですが、サッパリ理解できなかった、落ちこぼれのワタシ・・・・。

d0087418_22584722.jpg
そうです。ご存知の通り、チョコレートのテンパリングはそれぞれ「溶かす温度」「冷ます温度」「再び上げる温度」が決まっており、温度計片手に作業するのが慣れないと大変なんですね。

d0087418_2303560.jpg
とゆーことで、今回、クオカで見た「らくらくテンパリングの素」を見つけ、使用してみました。
100gのチョコレートにつき、3%のテンパリングの素を使用します。
クオカのサイトでも「すごくラクにできました~」と大評判!
・・・・・ところが・・・・・私の場合、大失敗。
ブルーミング(粉をふいたように、白い斑点がでる)の嵐なんです。

これは、もちろん、商品が悪いわけではなく、テンパリングの素を入れたあとに、私がチョコレートの温度を上げたためと思われます。

d0087418_2334058.jpg
とゆーわけで、やっぱり自分でテンパリングのやり直し~!
チョコは最低でも300g以上あった方がやりやすいみたい。
チョコレートが少なすぎると、温度が急激に変化したときの対応がどうしても遅れがちなのです。

d0087418_234877.jpg

d0087418_2342389.jpg
d0087418_234398.jpg
何コレ?
これは、テンパリングしたチョコをコルネ型(私の場合、トレーシングペーパーを丸めて作ります)に入れて、スマイルの顔を絞ったところです。
このままだと、何だか分かりませんよね。

d0087418_2363087.jpg
d0087418_2364659.jpg
d0087418_237322.jpg
このように、いちど顔の形に絞ってから、あらためて別色のチョコを流して輪郭をつくります。
単にマルだけど・・・。
これも、チョコの温度によって粘土みたいに固くなったり、逆にサラサラして流れてしまったり、やっぱり難しいです。

d0087418_2395219.jpg
ホワイトチョコのメダイヨンです。
たまに、2つくっついた双子や、三つ子もできます。
かわいいです(笑)。

d0087418_2316785.jpg
失敗作も公開。
これがブルーミングです。
白い粉がふいているでしょう?

d0087418_23111296.jpg
ホワイトチョコのブルーミング。
ごめんね、こんなテンテン顔にしちゃって・・・・(>_<)

d0087418_23114546.jpg
ブルーミングの上、チョコがゆるすぎて、中の顔がすけて裏まで見えてますね。
一応コインをイメージしているので、これも失敗です。

イチバン上の写真と比べると、上の方が黒光りしています。こっちが正解。

あっちなみに、失敗作はどうするかというと、味は成功したのと同じなので、今回はクライアントの友人に「おまけ」としてプレゼントしました。
女性はやっぱり「おまけ」に弱い。
ものすご~く喜ばれます(笑)

と、やっぱりいつも通り失敗しながら、バレンタイン・スイーツを作り続けるのでした。
でも、テンパリングのコツが分かったから、次回は大丈夫だぞ~!といつも思うのですが、次のバレンタインの時にはやっぱり一度は失敗するのよね、これが・・・・(笑)。

でも、不思議なことに、「スマイル」を絞る時には自分も「スマイル顔」になってるんですよ(*^^*)
夜中に微笑みながらコルネ袋で作業している自分が怖い・・・(笑)

●ブログランキング参加中。 失敗チョコも見てね! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-10 23:07 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(6)

バトンがきました(*^^*)

rakuda-yaさんからバトンをわたされたので、書いてみました。

116代目進化バトン

@気に入らない質問を1つ消して、新しい質問を1つ加えてください^^
@進化バトンの○代目の○をカウントアップしてください^^


Q1 今行きたいところは?
     福岡。JALの青森→福岡便が今年廃止になるから(>_<)。
     
Q2 今欲しいものは?
     cuocaで売ってる「自動テンパリングマシーン」(笑)
     バレンタインのチョコのテンパリングで泣いてます・・・    

Q3 得意料理は?
     ぶり大根、タコの和風サラダ、玉ねぎギョーザ。 

Q4 一番幸せに感じる瞬間は?
     家族でTV見て同じタイミングで大笑いした瞬間。
     (年齢層が幅広いのでなかなかナイ・・・(笑))
       
Q5 2007年の目標は?
     友人からのケーキ注文倍増計画達成。
     
Q6 今食べたいものは?    
     ハーゲンダッツのクッキー&クリームのアイス
    
Q7 好きなTV番組は?    
     オーラの泉、伊藤家の食卓の昭和史(昔の人なので・・・)
              
Q8 神様がどんな夢でもかなえてくれます。あなたの夢は?
     宝くじ当てて、家の裏の空き地を買って、マイお菓子工房&カフェを作り、
     土日だけカフェをやって、月火は休み。
     あとはお菓子教室&お菓子研究所にする。
     春はいちごのショートケーキ、秋は栗のお菓子、冬はアップルパイを専門に
     完全注文販売。夏は衛生上お休み&バカンス
        
以上です。

無条件にバトンを5人以上に回してください、と書いてありました。

こういうブログバトンってあるんですね、知らなかった~!
私116代目なんだ~・・・

面白いですね。

ところで、とうとう「青森冬まつり(青森市合浦公園)」が雪不足のため中止になりました。
今の青森市で雪がどっちゃりあるのは、ウチの庭くらいです(笑)。
明日から、雪の天気予報だったので、今日のうちに残ってた雪をガシャガシャいじって、その辺にまいて溶かしてしまいました。

結局晴れてても、雪かきしてます(笑)。


●ブログランキング参加中。 写真ないけど(笑)、 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-06 20:56 | 日々のこと | Comments(4)

ひろみ式ジェノワーズの焼き方・・・所感

とゆーわけで、以上、ライトタイプのひろみ式ジェノワーズです。
ものすごく細かいgですが、これはもちろん一般的な配合である、卵3個、小麦粉、砂糖ともに90g、バター30gのでもいいと思いますヨ。

また、粉を合わせる前に、水を大さじ1加えると、より粉が混ざりやすくなるそうです。

オーブンに型を入れる前に、霧吹きで水を噴くと、しっとりするそうです。

ちなみに、ヘビータイプは、卵L3個、小麦粉120g、砂糖150g、バター45g、牛乳25gで焼きました。

とても大事なのは、ハンドミキサーで泡立て始める時の温度で、今までの私は指を入れてカンで判断したため、高すぎたのです。
高い温度で泡立てた卵の気泡は弱く、オーブンの中では膨らむのですが、冷ますうちにしぼむのだそうです。

私がジェノワーズ・スランプに陥った最大の原因は、「泡立て始めの温度」と「泡立て不足」でした。
よく本に「リボンが描けるくらい」「つまようじが立つくらい」というような表現がありますが、私の場合は泡立て5分でそのくらいになったので、これでいいや~と粉投入で失敗しておりました。
それで泡の力が弱く、オーブン内でふくらんでも、出すとまたしぼんでしまったわけです。

正確にタイマー、温度計を使い、泡立てる時間もキッチリ計りました。

溶かしバターの温度は、特に冬場は低いと混ぜた時に固まってしまうので、必ず計ります。

ヘビータイプはバターの配合が多いので、重いように感じるかもしれませんが、実際にショートケーキに仕立てると、ライトタイプと味、食感的にはほとんど差はありません。
ヘビータイプは砂糖分量も多いので、泡が安定するような気がしますので、配合的には作りやすいカモ?

ここまでやっても、またサボってジェノワーズを作らないでいると、どんどん忘れていくんだろうなぁ~~~~(笑)

とゆーわけで、以前やった、「小麦粉別ジェノワーズ実験」は全くのムダになりました。
小麦粉実験する前に、私の技術を実験すべきでした・・・。
それぞれの小麦粉さま、申し訳ございませんでした。ペコリ。反省。

そして、小麦粉実験をご覧になってくださった皆さま方、どうぞまるっと忘れていただければ幸いです。ペコリ。反省(笑)。


●ブログランキング参加中。 写真ないけど(笑)、 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-06 00:31 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(3)

お待たせしました! ひろみ式ジェノワーズの焼き方

今回のジェノワーズ・スランプは、「以前出来たことが、何で5年ブランクがあっただけでできなくなっちゃったんだろう?」と、初めのうちはそりゃーブルーでした。
しかし、何度も何度も試作していくうちに、「!」と思うことが多々ありました。

っていうか、以前「美味しい!」とか「やわらかい!」とか思っていたことは、実は単なる自己満足だった、ということが分かったのです。
また、ショートケーキなんか作ると、周りの方が誉めてくださるので、天狗の鼻はますますびろーんと伸びて伸びて伸び切っておりました。
やっぱり日々前進しなきゃいけないんだな~と5年間のブランクを経て、初めて気づきました。そのことがイチバンの収穫かなあ? (エラそう?(笑))

さてさて、ひろみ式ジェノワーズです。
あくまでひろみ式なので、100%は信じないよーに(笑)!

1.型の処理
今回は主に18センチ底取れ丸型を使用し、底部分には専用の円型の紙を敷き、側面にはわら半紙(ザラ紙)を切って、セットしました。
これは、単に焼いた後処理がラクだからという理由です。

2.生地配合
今回、イチバン参考にしたのが「一流パティシエといっしょに美味しいケーキを作りたい」別冊家庭画報、世界文化社2003.です。

18センチ丸型1台分で、全卵125g、上白糖98g、薄力粉(私はドルチェ使用)94g、無塩バター20g、牛乳45gを使用します。
もちろん、全ての材料が新鮮であることは言うまでもありません。

3.準備バターと牛乳を合わせて、湯せんで溶かす。薄力粉はふるう。オーブンは180度に余熱。

4.泡立て開始
卵を清潔なボールに入れ、泡立て器でほぐす。この時、卵が冷えている場合は、少し温める。
砂糖を一度に加え、砂糖を溶かす。
弱火の直火にかけ、泡立て器でかき混ぜながら、卵の温度を夏32度、冬35度にする。
(フツーのお菓子の本では、人肌より少し温かいくらいと書いてますが、それだと40度くらいになっちゃう・・・・やっぱり計った方がいい)
適温で、火からおろし、ハンドミキサー強で泡立て始める。
この時のポイントは、ボールをナナメに傾け、ミキサーの羽を全て卵中に沈める。
(卵の中に羽を完全に沈めるのと、さきっちょを入れるのとでは、全く泡立ちが違います)

18センチ直径の場合、7分間泡立て続ける。
※この時点で、思ったよりもすごお~~~~く泡立つ。
ソフトクリームを越えて、顔に塗りたくなるくらいのクリーム状になった。

5.さらに
ハンドミキサーを最低速にしてボールの中をゆっくり円を描くようにして6分まわす。
※ビックリですね~!
7分プラス6分! 13分も泡立てるんですねっ!
手が疲れますが(ハンドミキサーなのに・・・(笑))、ここで頑張ります。
4よりさらに白っぽく、気泡を含んだ「とても卵と砂糖だけとは思えないクリーミーな状態」になる(笑)。

6.バターと牛乳を
再び温め50度にする。
この温度が低いとケーキのサイドがくびれる原因に・・・。

7.いよいよ薄力粉投入!
ボールに薄力粉を前面に振りまくように投入!
ゴムべらで40秒~1分くらいで手早く切るように、左手はボールを回しながら合わせる。

8.バター牛乳を合わせる
バター牛乳のボールに、7の生地をひとすくいいれ、泡立て器でくるくる合わせ、浮力をつけたバターを卵ボールに入れ、ゴムべらで24回程度で手早く合わせ、そのまま紙を敷いた型にダーッと入れる。

9.オーブンで180度25分焼く。
途中、焦げそうな場合は、温度を下げる。
焼く時間が長いと、それだけ水分が失われるので、25分という時間を守りながらオーブンを調節するのがコツ。
中心を触って弾力があれば出来上がり。
オーブンからだし、型から出さずにそのまま冷ます。
あら熱が取れたら、ラップか、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存。
使うまで、紙はそのままつけておく。

10.ショートケーキにする場合には、
上面、最底面のこげ色のついたところを切り落とす。

●ブログランキング参加中。 長くてすみませn(笑)、 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-05 23:54 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

ドキドキのジェノワーズ・試食結果!

試食しました。ジェノワーズ・・・
かれこれ20コ近く焼いて焼いて焼きまくったジェノワーズ(共立てスポンジ)。
これでどうかな~?と思われるものを、18センチの半分ずつをイチゴの生クリームショートケーキに仕立て、本日、家族全員で試食いたしました。

d0087418_0263835.jpg
昨日のライト・タイプのスポンジです。卵1コに対し、小麦粉、砂糖が30g、バター10g、他牛乳。
断面はイチゴ、生クリームの重さがかかっていても、思ったほどはつぶれていない。


d0087418_0272982.jpg
昨日のヘビータイプのスポンジです。卵1個に対し、砂糖50g、小麦粉40g、バター15g、他牛乳。
こちらもつぶれてはいないが、あまりにもスポンジに入る砂糖が多いため、スポンジに打つシロップを3倍に薄めてあります。

さて、1回に2ピース食べた(笑)家族の感想は・・・
第1位 素直に両方美味しい。
第2位 どちらも変わらない。スポンジの固さ、キメ、食感が同じ!(ひぇ~~っ!)
第3位 以前のスポンジよりも、両方とても軽く仕上がっていてよい。
第4位 (特にライトタイプのスポンジの)シロップを塗ったところがよりしっとりしていてよい。
etc・・・といった感じで、おおむね良好でございました。

やっっった~~~~!
とりあえずここまでキタ~っ!
よく見ると、生クリームの泡立て方、いちごの並べ方等、まだまだなところがありまして、頭の痛いところではございますが、とりあえずスポンジはここまで来ました。

次回は「じゃぁ、どうやって焼いたの?」編です(笑)。

●ブログランキング参加中。 失敗ジェノワーズも見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-03 00:28 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(4)

金曜どうでしょう・・・・いちごのショートケーキを(*^^*)

あっそこのアナタ!
写真は、前回とすごくよく似てますが、更新してますよ~!(笑)
間違えないでね(*^^*)。

ここ数週間の私の最大の悩み(!?)
「ジェノワーズ・スランプ」
毎日毎日、ジェノワーズ(共立て)スポンジだけ焼いてました。
高校生の姪が下宿しているのですが、試食用として持たせたスポンジも、最近はあまりに数が多すぎて友達に飽きられ(笑)、「運動部のコにであったら、テキトーに渡してる」そうです。

というわけで、最新作
d0087418_0521654.jpg
ライト・タイプ(卵1コに対し、砂糖、小麦粉30g、バター10g、他牛乳)

d0087418_0533197.jpg
切り口です。焼き縮みなし! 均等に膨らんでいますね。

d0087418_054643.jpg
こちらは、ヘビータイプ。(卵1個に対し、砂糖、小麦粉50g、バター15g、他牛乳)
見た目はあまり変わりませんね。

d0087418_0564813.jpg
若干目は詰まっているものの、焼き縮みはありません。

やった~! とりあえず、見た目は成功した~!
ということで、次の段階、「いちごのショートケーキにした場合はどうなるか?」

というわけで、
d0087418_0581356.jpg
ライトタイプのいちごのショートケーキ。

d0087418_0584348.jpg
ヘビータイプのいちごのショートケーキ。間違わないように、いちごの並べる向きを変えてあります。


お気づきのことと思いますが、これは私得意の「半分ショートケーキ」です。
さすがに全部で18センチホールを2コ作ってしまうと、とても消費が大変なので、家族用のは時々このようなイレギュラーサイズを作ります。

実際の試食は明日・・・・うまくいくといいなあ・・・・。
ホントは「試食水曜どうでしょう?」のタイトルにしたかったんだけど、何だかんだで「試食金曜どうでしょう?」になってしまいました(笑)

今回のジェノワーズ実験はとてもとても勉強になりました。
自分で「うまくいっていた」と思い込んでいた、スランプ前のレシピや、作り方も反省点でした。
これはまた後日。

●ブログランキング参加中。 失敗ジェノワーズも見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-02-02 00:55 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(6)

ジェノワーズ・スランプ途中経過

触れたくても、あまりに悲惨なかなか触れられなかった私の悩み・・・そう、ジェノワーズ・スランプ。途中経過です。
d0087418_2233848.jpg
現在このような状況でございます。
これは、9号(21センチ)の丸型で、卵3コにグラニュー糖を150g使用する、いわゆるヘビーと呼ばれるタイプのジェノワーズスポンジになります。
ちょっと見はいいよーな気もするんだけど・・・(>_<)

d0087418_2236635.jpg
ヨコから見たところ。高さもまあまあ出ている。

d0087418_22363653.jpg
断面。
よぉ~く見ると、ケーキの上部に近づくにつれて、「焼き縮み」が出ている。
食べて分かる程度ではないけど・・・。

とまあ、現在は、ここまでしか出来てません。
ヘビータイプのジェノワーズは、粉や砂糖の割合が多いため、スポンジを薄く何枚にもスライスしたり、シロップやリキュールをたっぷり染み込ませることができる、配合は重いけど固くないスポンジらしい。

というわけで、まだまだ満足には程遠いのですが、今の私はこんなとこです。

参考までに今までの大笑い失敗ジェノワーズ写真をご覧ください。
ちなみに、15コ以上焼いたうちの一部です。
d0087418_22415331.jpg
焼けた直後。あらっ今度こそ成功かしらっ(~ ̄▽ ̄)~と騙される瞬間。

ここからしぼむしぼむ・・・
d0087418_22425115.jpg
真ん中上部がぽこんとへこんでいます。

d0087418_22431692.jpg
チーズケーキか?というツッコミも入れたくなるスポンジ・・・・(>_<)

d0087418_22435653.jpg
これは笑いました。キノコか?(笑)
要するに、側面に紙をセットしてししまったために、紙ごとひきずられてしぼんだのです。

d0087418_22445315.jpg
当然、カット写真もこんな具合・・・(よく恥ずかしげもなくUPすると思う・・・自分で・・・(笑))。

d0087418_22454559.jpg
途中、参考にした本です。
普通は、卵を泡立てる時「人肌よりちょっと温かい程度」とかって書いてますが、もうあまりにも失敗続きでどーもこーもいかなくなったので、このようにより詳しく書いてある本を参考に、全て温度計で計って作業しました。
それでも失敗続きです。

私個人の意見ですが、とにかく「軽い」ケーキはシフォンケーキがあるので、いちごのショートケーキはある程度の「強度」があるヘビータイプの方が好きです。
このヘビータイプの配合は、もともとは銀座「KIHACHI」の清水パティスリーシェフに習いましたが、粉を混ぜる時も恐れずバンバン混ぜてました。

ある生徒さんが「先生、よく本にさっくり混ぜるって書いてますけど・・・?」と質問したら、「それはウソです。こっちが正しい!」とさすが大ヒット商品トライフルロール考案者の自信に満ちた発言でございました。

本当は、ライトタイプ(卵1個に対し、砂糖30g程度)で成功したかったのですが、今はこのヘビータイプで精一杯なので、クリームや、いちごその他やっとショートケーキにする方向で作業を進めたいと思います。

だって・・・・このままジェノワーズ実験続けてたら、いちごの季節が終わってしまっていちごのショートケーキ作れなくなりそうなんだもん・・・・(笑)

●ブログランキング参加中。 失敗ジェノワーズも見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-28 22:49 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(4)

青森で見つけたイタリアのビスコッティ

d0087418_0462073.jpg
青森駅ビルラビナの中のジュピターという全国チェーンの輸入食品屋さんで見つけました。
本物のイタリアのビスコッティです。

書いてあるカントゥッチーニという名前は、フィレンツェの隣町、絹織物の集積地として栄えたプラート名物として有名です。
この辺(トスカーナ地方)ではどこでも見つかるお菓子です。
(暮らしの設計№225.イタリア菓子.中央公論社1996より)

イタリアに行って毎日食べてた時も、製造会社は違いますが、こんな感じのビスコッティでした。正直、あんまり手間かかってなさそうな・・・(笑)。

ビスケットの語源となったくらい古い起源のお菓子ですが、今なおこうやってスナック菓子のように毎日みんながポリポリ食べてるんだな~と思うと、ノン・オイル・シンプル・イズ・ベストなんだな~と思います。

味は、やっぱり「固焼きせんべいタイプのクッキー」。
アーモンドがカリカリしてて、オレンジ風味でした。
素朴な味なのであっという間に食べちゃった・・・。

以前私もこのビスコッティを作りましたが、ここに写真だけUPする方法が分からないので(笑)、よろしければ、以前のブログを見てみてください・・・すみません・・・(>_<)
2006-11-10です。
ちなみに、私のビスコッティの方が3倍くらい大きいです(笑)。

●ブログランキング参加中。 ビスコッティ見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-25 00:46 | 日々のこと | Comments(8)

リクエスト・チョコレート・いちごケーキ

d0087418_001253.jpg
ありえません。いちごが多すぎて、動かせないんです(笑)。いちごが落ちるから。

これは、姪2人のリクエストで作ったケーキです。
姪A「チョコ生クリームケーキが食べたい。いちごキライ」
姪B「チョコ生クリームケーキが食べたい。いちご大スキ」

この2人の欲求を満たすために、このケーキを作りました。
だいたい、小さいいちご買ってきてね~!(*^^*)って姪Bに頼んだら、自分の食べたいイチバン大きないちごを買ってきてしまった・・・・。

d0087418_015222.jpg
ケーキをあらかじめ焼き、ラム酒をきかせた生クリームをサンドして、市販のレンジ対応チョコのコーティングをしておきました。

これにあふれんばかりにいちごをのせたわけですね。
そして、いちごを食べたい人だけが切り分けた時にいちごを添える方法にしました。

d0087418_041110.jpg
製作途中画像。なぜかココアのジェノワーズは自分でも納得の形と質でうまくいく・・・・。

スランプに陥っているプレーン・ジェノワーズと何が違うんだろ?
ココア以外は同じなのになぁ?


●ブログランキング参加中。 チョコレート・いちごケーキ見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-22 00:05 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(2)

毛糸・ハンバーガー

d0087418_083098.jpg
友達にプレゼントしてもらった手作りハンバーガーです。
でも食べられません。毛糸だから。

d0087418_091817.jpg
バンズの上をのけたところ。これはハンバーガーです。

d0087418_095424.jpg
ハンバーガーをのけたところ。これは目玉焼きです。毛糸だと分かっていても、けっこう美味しそう・・・(*^^*)

d0087418_0105687.jpg
目玉焼きをのけたところ。これはスライストマトです。トマトは、厚みを出すために2枚同じく編んで、それをはいで作ったそうです。芸がコマイ!

d0087418_0121651.jpg
トマトをのけたところ。これはスライスチーズですね。毛糸とわかっていても、チーズ感(?)がよく出ています。

d0087418_0125698.jpg
スライスチーズをのけたところ。これはピラピラ・レタスです。このレタスは触るとホントにピラピラしてて気持ちいいです。毛糸が廃盤になってしまい、この光沢のあるキレイな黄緑色のレタスはもう作れないそうです。

d0087418_014286.jpg
一番下のバンズです。バンズの中には何か分からないけど、詰め物がしてあって、しっかり厚みのあるバンズの形を保っています。

d0087418_0153462.jpg
ヨコに並べたところ。こう見ると、けっこう美味しそうでしょ?

d0087418_0251114.jpg
私にハンバーガーをくれた友人は、藤田智子先生という、青森市在住のニット・アーティストの先生にNHK文化センター青森で習っています。

藤田先生は、ティータイムの小物の本も出版されています。
どれも本当~に美味しそうです(笑)。

ちなみに、このハンバーガーは、「とてもさわり心地がいい」のです。
ずっとふにゃふにゃさわってると、とっても気持ちよくなります。


●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-21 00:16 | 日々のこと | Comments(4)

ジェノワーズ・スランプ

う~ん、苦しい・・・出来ない・・・ダメかも・・・?!

別に便秘ではありません(失礼しました)。

できないんです。ジェノワーズ(共立てスポンジ)が。
スランプなんです。

ケーキ製作をなんだかんだで中断して4年くらい。
最近再開してこのブログも始めたのですが、以前は「ジェノワーズってカ~ンタン!」と思っていたのに、できなくなっちゃったんです。

何度試作しても、泡立てても、配合変えても、小麦粉変えても、以前のように「やったねっ!(*´∀`)b」って思えるジェノワーズができない・・・・。
形はつぶれてるし、目はつまってるし、味もイマイチ・・・(>_<)

ジェノワーズがヘコむと、気持ちもヘコむ・・・(笑)。
ブログにUPせずに消えていったジェノワーズの山がい~っぱいです。

何で? どこが悪いの?と自問自答の毎日です。

もうちょっと苦しんでみます。
自分なりの答えが出るまで。

単に年とっただけ?(笑)


●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-19 23:18 | 日々のこと | Comments(2)

SWEETバナナケーキ

d0087418_23687.jpg
バナナが3本残ってる・・・もう黒くなり始めて(スィートスポット)、誰も食べない・・・そうこうしているうちに、黒い点々が大きくなって、バナナ本体が黒くなり始めてる・・・・でもいい匂いしてるし、いたんでいるわけではない・・・・どうしよう・・・・

こんな時はバナナケーキで決まり!ですね!(*^^*)

きび砂糖入りのバターケーキ生地に、バナナ、ラム酒を加え、3本分のバナナの半量は生地に混ぜ込み、半量はナナメにカットして上にのせて焼きました。

見た目に反してすごく美味しかったです。
ポイントは、冷蔵庫保管して、レンジで温めて食べること。

冷蔵庫から出したてはバターが多いので、とても固いのですが、レンジでチンするとほわんほわんの上、バナナの香りが立ちます。

久々に、自分のケーキ美味しいと思いました(笑)。
しかし、何て地味なケーキなんだろ・・・・(>_<)


●ブログランキング参加中。 バナナケーキ見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-19 23:10 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

今日の出来事(ブックオフ編)

今日、ブックオフに本を売りに行ってきました。

用紙に名前を記入したところ、応対に出た店員さんが「エエ~ッ? 同じ名前・・・ですね?」って言うんです。
店員さんの胸のネームプレートを見たら、ホントに私と一字一句違わぬ同姓同名・・・!

こんなことってあるんですね~!
思わず、初対面なのにお互い「キャ~ッ(*^^*)」って言ってしまいました(私も若いな・・・フっ・・・)。

店員さんは「生年月日も同じだったりして・・・?」と言ってくれたのですが、どー見てもアナタは私より10歳は若い!
ま、言ってくれただけありがと・・・(笑)。

しかも、今日は雪かきのあと、腰が痛いよ~って言いながら、紙袋3つも本を持っていったのですが、その店員さんが言うには「お電話1本で、こちらからうかがいますよ」との事・・・。

じゃ行かなくてもよかったんジャン・・・・(~ ̄▽ ̄)~

●現在青森市の積雪37センチです。
いつもの年に比べると、ありっ?少ないって感じ(*^^*)

●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-15 23:58 | 日々のこと | Comments(2)

そろそろ・・・・ブラウニー

d0087418_19171373.jpg
そろそろ、バレンタインのお菓子注文(友人からですが・・・)が入ってきていて、バレンタイン・リハーサルです。

ホントは、生クリームをサンドしたやわらかなチョコレートケーキなんかを作りたいのですが、バレンタインのお菓子は、人から人へ渡るものなので、ある程度こちらの想定外の扱いを受ける、という予測のもとに製作します(笑)。

チョコレート菓子でありながら、温度変化に耐え、日持ちがし、多少荒っぽい扱いをされても崩れにくく、しかも超カワイクなければならないのです(笑)。
そして、何より気を使う衛生面。
手作りお菓子なのに、冷蔵保管シールを貼り、賞味期限まで記入してます(A型です・・・(笑))。

とりあえず、ブラウニーを試作。
d0087418_19192982.jpg
チョコレートは、カカオバリー社のスイートピストールミアメールを使用。
タブレット型で使いやすいです。
蛇足ですが、昔チョコレートの1.5kgのカタマリを包丁でカットする時、包丁の刃が欠けたことがあります(笑)。
チョコレートは冷蔵保存するものではないのですが、保管場所が寒かったんですね。
青森の冬だし(笑)。

さて、チョコレート生地を作って21センチ四角型に流し、くるみをおきます。
このおき方にポイントが!↓
d0087418_1922646.jpg


さらに焼いたところ↓
d0087418_19224560.jpg
そうです。これは、タテ3×ヨコ3にカットすることを想定してくるみを配置しているのです。

うーん、焼きあがってから考えると多少大きい・・・・。
タテ4×ヨコ4でもよかったな・・・(笑)。
ただ、焼いているうちに、くるみも多少泳ぐ!?ので、カットした時にくるみが思い通りに真ん中に、とはなかなかいかないものですな。

ちなみに、このブラウニー(藤野真紀子先生はブラウニと言っていた)は、アメリカのバザーでみんなが必ず作って売るお菓子だそうです。
バザーや学校行事のお菓子は、ほとんど「○○○の素」みたいな粉で気軽に作るというのが一般的らしいです。

さて、私のバレンタイン・オーダーメードチョコお菓子はどうしようかなぁ。
チョコレート菓子は、当たり前ですが見た目が茶色。
この超地味~な色のお菓子と何を組み合わせて、ラッピングを考え、予算内で多量に作るか?

試作は続く・・・・

●ブログランキング参加中。 ブラウニー見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-15 19:24 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

新春・手作り伊達巻き

d0087418_21384734.jpg
こっこりは何?

これは、「伊達巻き」を作っているところです。
市販の伊達巻きはとっても甘いので、自宅でカンタン伊達巻きを作りました。

d0087418_214029.jpg
はんぺん、卵、みりん、塩、砂糖(調味料を上にするのがポイント!)をフードプロセッサでガ~っとして、サラダ油を熱したフライパンにダ~っと流し、ふたをして、かっきり15分。

ふわ~っとふくらんで焼き上がるので、そのまままな板にひっくり返し、両端を切り取ってそれを芯にして巻きすでくるくるして、輪ゴムで留めて冷ましているところです。

d0087418_21441844.jpg
出来上がり~! 市販の伊達巻きよりもふわっとしています。

ま、たまには料理もするってコトで・・・(笑)
一応SWEETS系です(笑)。

●ブログランキング参加中。 伊達巻き見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-12 21:45 | 日々のこと | Comments(4)

リクエスト・コーヒークリーム・スワンシュー

d0087418_034369.jpg
新年早々、またまたスワン・シューを作りました。

これは、姪のひとりが「コーヒー味のクリームが入ったシュークリームが食べたい」というリクエストにこたえようと、頑張ったわけですね。

コーヒー味のクリーム・・・・いろいろ調べましたが、普通はシュークリームには入れない・・・・ですよね。そこで、テキトーに作ってみました。

シューの皮はいつも通り(これも作る度に一喜一憂・・・)。。。

クリームは、生クリームに10%の砂糖を加え、濃~くいれたコーヒー適宜(味見しながら・・・)と、ラム酒少々で泡立てたら、けっこう美味しくできました。

というわけで、コーヒークリーム・スワンシューです。
d0087418_085275.jpg


今回、スワンの首のシュー生地が余ったので、姪たちの名前を絞ってみました。
d0087418_010460.jpg
kumiとAkiに見えるかな?

無理やりシュークリームに飾ってみました(笑)。
d0087418_011459.jpg
kumiは途中で折れたので、2つのシューにまたがってます(笑)。やっぱりシュー生地で文字を書くのは耐久性に欠けるみたい・・・・(>_<)

d0087418_0115436.jpg
今回は、この他にちょっぴり勉強になったことがあります。
それは、シュー生地は、あらかじめ焼いておいても、クリームさえ詰めないでおけば、けっこうしけないでカリカリのままということです。
最近の冷蔵庫は乾燥を防ぐために加湿タイプが多いので、冷蔵庫保管よりは冷凍保管の方がいいみたい。もともと水分が少なく凍る要素がないため、変化はあまりありません。

今までシャカリキになって当日頑張ってシュー皮を焼いていたのですが、これが分かったから落ち着いて前日にでも焼こうと思います。

リクエストしてくれた姪本人だけはものすご~く喜んでたくさん食べてくれました。
「お菓子がリクエスト通りに出てきて嬉しい」みたい。しか~し、その他の家族の反応はイマイチでした。

特に大人は「スワン・シューは食べにくいので、フツーの丸いカスタードクリームのがいい」ということで・・・。コレね(後ろに菜箸で穴をあけて見えないように丸口金絞り出し袋でクリームを入れています)。
d0087418_0255665.jpg


ホントに見た目より食い気先行の家族です(笑)。

蛇足ですが、ウチの上空を毎日白鳥がクワックワッ言いながら、飛んでいきます。
近くの堤川にいつもたむろってます。何が楽しいのかなあ?(笑)

近場では、藤崎町平川河川敷の白鳥ふれあい広場や、東津軽郡平内町に浅所海岸(ここの白鳥は国の特別天然記念物です)があり、車でドライブがてら、けっこう気軽に白鳥と触れ合うことができます。

PS。昨日、今日の2日間で青森市の積雪は20センチとなりました。雪かき時にお隣さんに「降りましたね~」って言う程度で、後は何の話題にもなりませんが。

●ブログランキング参加中。 コーヒークリーム・スワンシュー見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-12 00:18 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

青森りんごの田舎風グラタン

d0087418_0413579.jpg
きった青森りんごにサワークリーム、砂糖、卵を混ぜた液をかけて、ちぎった無塩バターをのせ、オーブンで焼きました。

美味しいです。
このりんごのグラタンはよく火を通したので、りんごはふわふわした感じになって、いかにも冬のスィーツグラタンって感じでした。

「田舎風グラタン」って、青森は充分田舎なので、「りんごの青森風グラタン」でもいいくらいです。ま、ネーミングはどうでもいいんですが・・・・(笑)

ところで、私は青森県人なので、やっぱりりんごには特別な思い入れがあります。
青森りんごは値段に関係なく、旬の時期は大変美味しいです。

もぎたてりんごはフレッシュな酸味が際立ち、1週間くらいすると甘みと酸味が調和した落ち着いた美味しさ、シャキシャキも美味しいのですが、多少時間が経ってやわらかくなったりんごもそれなりに食べやすく美味しいものです。

さて、ここで悩みが生じてしまいます。
青森りんごは「素材が良すぎる」のです。

もともと、生のフルーツを加工して食べることに抵抗がある人も多いと思いますが、青森りんごがまさにそれなのです。

素材(生)の状態が美味しすぎるために、ジャム、グラタン、アップルパイ、タルトタタン、アイス等を作った時に、どうしても「美味しすぎる生素材を越えられない」ジレンマに陥ってしまうのです。そのまま食べた方が美味しいんじゃないの?っていう・・・。

ま、お菓子に仕立てるということは、生の食材とは全く別の食べ物にしてしまうんだ、と割り切ればいいんでしょうけどね。

青森県は食材の宝庫で、りんごの他に、ホタテ、長いも、にんにく、いか等、日本一の生産量を誇る美味しいものがたくさんあります。
やっぱり、加工するには原材料が美味しすぎて、加工してから素材を越える味を作るのは難しいのではないかと私は考えています。

う~ん、ライフワークである青森りんごの究極のアップルパイ作りも、悩みが多くてゴールは遥か遠いわ~・・・(@_@;)

●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-11 00:49 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(4)

多少ズルいけど絶対失敗しないひろみ式ケーキをお皿に移す方法

見えてる見えてる・・・・
d0087418_2047424.jpg
これも・・・

d0087418_20483636.jpg
これも・・・

d0087418_21245188.jpg
これも・・・

d0087418_21255860.jpg
ほらほら・・・

d0087418_21264371.jpg
実はこれもだった!

そうです。
「多少ズルいけど、絶対失敗しないひろみ式ケーキをお皿に移す方法」は
ケーキの下に底の取れるタイプのケーキ型の丸底をしいちゃっているのです。
回転台の上にセロテープで軽く丸底を止め、その上にケーキをのせ、思い切りクリームを塗れます。あとは丸底の下にパレットナイフを入れて、セロテープに気をつけながら丸底ごとお皿にうつし、最後のフルーツの仕上げに入ればよいわけです。

この丸底は、正式には「セルクル敷板」といいます。

私はこのまま作業し、自宅の場合はこのまま食卓にも出すので、もはや皿代わりです(笑)。

このやり方だと、お皿へのケーキ移動時もよっぽどのことがない限り安心だし、お皿上でケーキをカットしてもお皿にナイフ傷をつけることがないので、安心です。
この丸敷板の見栄えがよくないな~と思われる場合は、同直径(直径18センチのケーキであれば、18センチの丸底)を使えば、全く丸底が見えなくなるので、まずバレる心配はありません。もちろん、作業は丸敷板が大きい方がやりやすいです。

人にプレゼントしたい! という場合は、クオカ等で扱っているケーキ台カルトンなんかを使うと豪華で見栄えがしますね。

藤野真紀子先生のブランド、貝印のmany many makeからは、ケーキキャリーとしてフライパンみたいな形のケーキ運びプレートみたいなもの発売されてます。

アメリカの栗原はるみさんと言われているマーサ・スチュワート(っていうか、栗原はるみさんが日本のマーサ・スチュワートと言われてるようですが)のやり方は、アメリカ人らしくとても合理的です。

最初から皿にパーチメント紙(日本でいうところのオーブンペーパー、リードクッキングペーパーみたいなもの)を風車のように4~5枚しいておいて、その上でケーキをデコレーションし、終わったら、紙を1枚ずつ引き抜いていきます。
「ほら~何事もなかったかように、お皿がキレイでしょ~?」と本人は言うのですが、ケーキのスソ部分は若干崩れるのではないかと思うのですが・・・?

というように、ケーキのお皿への移動は、万国共通、みんなのお悩みでした!(笑)

日本で売っている普通のお皿はケーキ用ではないので、皿のはじっこに角度があり、ケーキを移すのは難しいんですよね。
海外のお皿には「タルトプレート」という名前で、のぺ~っと平らでケーキの移動がしやすいものもあります。

d0087418_21275389.jpg
ちなみに、昨日のこの写真は、回転台に等倍の丸敷板をセロテープで軽く止めて敷いて、その上にケーキとほぼ等倍の丸敷板をさらにセロテープで止めて作業をしています。

なぜかと言うと、この回転台はお菓子用ではなくて、父の盆栽用なのです(笑)。
100%木でできているので、重くてこのまま洗えないため、プレートをのせて、プレートだけはずして洗っているというわけです。

作業ってやってるうちに、いろいろ考えが浮かぶもんですよネ・・・・ま、私の場合は単にラクしたいだけなんですが・・・(笑)

●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-09 20:51 | 日々のこと | Comments(2)

花びらいちごのショートケーキ

d0087418_19423885.jpg
薄くスライスしたいちごを、花びらのように丸く重ねて飾ったショートケーキです。
山本麗子先生がだいぶ前の「きょうの料理」で紹介していました。

切りやすく、食べやすいです(笑)。

d0087418_1944334.jpg
カットしたところ。

d0087418_19443382.jpg
このケーキの特徴は、同じいちごを煮詰めたジュースにゼラチン、砂糖を加え、ゼリー液にして、それを全体に塗ることなんです。
とても香りがいいし、見た目もピンクでかわいいです。
でも、どうしてもタラタラたれてきてしまうのが難点・・・・。
使いやすさからいうと、やっぱりナパージュかなあ・・?

ところで、山本麗子先生のスポンジは、私が知る限り唯一「共立ての時にボールを温めない方法」なのです。
かえって卵が泡立ちにくいと思うのですが、室温のままで卵を泡立てると泡が安定するような気がしなくもないよーな気がするのです(どっちだ?(笑))

どうしてこの方法なのか、機会があれば是非ご本人にお聞きしてみたい!と思う今日この頃です。

●ブログランキング参加中。 花びらいちごのショートケーキをいろいろな方に見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-07 19:48 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(10)

考えて考えて考えた結果

d0087418_1931225.jpg
これ何?

これはヨーグルトの空き箱っていうか、空きプラスチック容器です(見たまんまね)。

お菓子を作る時の命「計量」。

今はデジタル秤を愛用しているので、風袋計量(容器の重さをゼロにして中身だけを計量)できるようになってラクになりました。

小麦粉なんかは、片手粉ふるいごと計量するのでカンタンなんですが、砂糖を一体何の容器で計量するかが、長いこと自分の懸案事項でした(笑)。

いろいろなお菓子の教室で見ましたが、ガラスボールとか、プラスチック製ボール、紙の上で計量、という先生もいました。

自分で行き着いた結論がコレ。
実際、これで計量すると軽いし、砂糖(その他のものも)すごく入れやすいし、作業スペースは取らないし、もちろん洗って再利用も、捨てるのもカンタンだし、サイコーです。

ま、見た目はあんまよくないかも・・・・?(笑)

●ブログランキング参加中。 私のお菓子をいろいろな方に見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-07 19:36 | 日々のこと | Comments(4)

新しい私になって

「新しい私になって」

大好きな資生堂のCMです。
当初2回くらいしか放映されなかったにも関わらず、大変反響が大きく、CMソングもCD化されたそうです。

「♪本日私は、ふられました~♪」ではじまるCMです。
何歳になっても、こういう気持ちに胸がキュンとなります。

2007年は「新しい私になります」。

●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-07 02:08 | 日々のこと | Comments(2)

スワンシュー・・・・宅急便で配達しました

ラク~なシュークリームとして、昨年12月8日にご紹介したスワン・シュー。写真はこちら。
d0087418_0341868.jpg
このスワンシューを宅急便で友人に配送しました。

ええ~~~~っ!??? 私もビックリです(笑)。
よくこんなの宅急便で送ろうと考えついたと思います(笑)。
でも、遠く離れた友人に、ど~しても食べて欲しかった。
欲望に忠実なタイプです(笑)。

着いたよ~♪と、到着したスワンシューを友人が携帯で撮影してくれたのがこちら。
d0087418_0364352.jpg
ねっ、ちゃんと到着しているでしょう?

どーやって配送したかというと・・・・
実は、シューを焼いて、クリームを詰め、生クリームを絞って、羽を刺すところまでを作り、プチプチ梱包剤を多く敷き詰めた箱に詰めて、その他に首の部分
d0087418_042338.jpg
(これを焼いたもの)を別梱包して、一緒に配送したのです。

友人は、私の組み立て図(?)を見て、首をシューに差し込んで、出来上がり~!というわけです。

シューの皮が配送しているうちに、クリームの水分でだいぶしけってしまいますが、それはそれで美味しいものです。

これはクロネコヤマトの県内当日配達(実際は青森→東北主要都市当日配達)があるのを知って、それなら「当日製作→当日配送→当日到着→当日試食」ができるのではないかと思い、実験的にやってみたものです。

多少形が崩れても、手で直してくれたので、まいっか~ってことで・・・・。
これも仲のよい友人宛だからできるワザ。実験を手伝ってくれました。
持つべきものは・・・・です。

しかし、これを送った時は「何も言わずに突然」配送してしまった私。
多分、友人はフタを開けた瞬間は「???」だったでしょうね(笑)。

●ブログランキング参加中。 スワンシューをいろいろな方に見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-06 00:24 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(2)

柚子こしょう

d0087418_23531941.jpg
????だと思いますが、これは「柚子こしょう」です。

九州当たりでは地元の食べ物だと思いますが、ここ青森ではほとんど誰も知りません。
スーパーにはチューブに入って売っているのをたまに見かけますが・・・。

料理研究家の飛田和緒さんのTVを見て、ずっと作りたいと思っていました。
夏に、青森県弘前市の岩木山の嶽(だけ)に行った時に、高原野菜の青唐辛子(青森ではナンバンといいます)をたくさん買って、フードプロセッサにかけて、塩漬けして冷蔵庫保管しておきました。
そして半年・・・・い~感じに熟成しています。

冬!
前回ご紹介の柚子の皮をすって混ぜ、さらに冷蔵庫で熟成させています。
半年がかりで自分で作った柚子こしょう! めんこくて、めんこくて・・・・(笑) 

日に日に美味しくなっていくのが分かります。
お鍋に、うどんに、おそばに、いかの塩辛に入れても美味しい!

アイ・ラブ・柚子!
この他に、柚子の汁を絞り、ポン酢も作りました。これは後日。

はっSWEETSブログのはずだったのに・・・・(笑)

●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-06 00:03 | 日々のこと | Comments(2)

柚子朗

d0087418_2332597.jpg
最近のマイブームは、ズバリ!「柚子」です。

青森では柚子の木はほとんどないので、柚子ってよく知らない人が多いのです。
私もかつてはそのひとりでした。

ご縁がありまして柚子をたくさんいただく機会があり、そしてこの柚子朗レシピ(sarajyaさんのだそうです)までもいただきまして、感謝感激です!

柚子朗・・・・朗ってなんだ朗?
・・・・な~んておやじギャグまで出てしまいました。
自分で作った柚子朗に、手前から、柚子一朗、柚子二朗、柚子三朗、柚子四朗と名前をつけました。マジです。

それくらい愛おしく、美味しいんです。
これは第1作目だったので、皮を剥いてそのまま浮かすのを知らず、すって入れてしまったバージョンです。
柚子と砂糖とを寒天で煮溶かしたお菓子なのですが、ホットでも、冷たく冷やして固めても、さらにレンジでチンしてもとにかく美味しい。

こんなに色が美しく、熱くても冷たくても美味しくて、誰もが好きなお菓子が外国にあろうか。
い~や日本にしか絶対ない! 断言!

この後何度も柚子朗作りましたが、何度作っても美味しい・・・。
最後は大鍋ひとつ(2リットルくらい?)作りましたが、子どもから老人まで親戚+家族で一気に食べきりました。
初めて柚子を食べた親戚の子どもまで「美味しい~♪」とおかわりしてました。

アイ・ラブ・柚子♪
家族には「ひろみは柚子にとりつかれて・・・・いやハマってるんだね」と言われています(笑)

●ブログランキング参加中。いろんな方にお菓子を見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-05 23:50 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

新年の決意

d0087418_23235397.jpg
これが私の新年の決意です。

これは何?
これは・・・・これは・・・・保冷剤です。
ケーキとか生鮮品によくついてくる。

何だか毎日ケーキ作ってるように見えるブログなんですが、実は昨年前半まで、時間の関係で全然作れなかったのです。

今は、時間に余裕ができて、とりあえずは「作れる環境」にあります。
でも生来ものすご~くなまけものでめんどくさがりなので、ついついサボってしまう・・・(>_<)

お菓子を誰かに送る時に使うために取っておいた保冷剤も、冷凍庫の中でぐちゃぐちゃに折れ曲がっていたのです。

お正月に、全て出して一度解凍し、もう一度きちんと伸ばして凍らせました。
これでいつでも、自分のお菓子を配送できます。

お菓子を作れる時間がある幸せな環境にいるのだから、きちんとしなければ、と新年に当たり決意した次第です。

3日坊主になりませんように。
これも決意(笑)。

●ブログランキング参加中。いろんな方にお菓子を見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
# by hiromiromi0203 | 2007-01-05 23:29 | 日々のこと | Comments(0)

元NHK文化センターアイシングクッキー講師。今田美奈子お菓子教室、コルドン・ブルー代官山校、藤野真紀子先生、加藤千恵先生、銀座KIHACHI、その他、ちょこっと海外でのお菓子勉強が、まるでウソのようなダラダラお菓子たちをご覧ください。若かったのよ~(笑)。


by hiromiromi0203
プロフィールを見る
画像一覧