カテゴリ:作ったよひろみスイーツ( 536 )

SWEETバナナケーキ

d0087418_23687.jpg
バナナが3本残ってる・・・もう黒くなり始めて(スィートスポット)、誰も食べない・・・そうこうしているうちに、黒い点々が大きくなって、バナナ本体が黒くなり始めてる・・・・でもいい匂いしてるし、いたんでいるわけではない・・・・どうしよう・・・・

こんな時はバナナケーキで決まり!ですね!(*^^*)

きび砂糖入りのバターケーキ生地に、バナナ、ラム酒を加え、3本分のバナナの半量は生地に混ぜ込み、半量はナナメにカットして上にのせて焼きました。

見た目に反してすごく美味しかったです。
ポイントは、冷蔵庫保管して、レンジで温めて食べること。

冷蔵庫から出したてはバターが多いので、とても固いのですが、レンジでチンするとほわんほわんの上、バナナの香りが立ちます。

久々に、自分のケーキ美味しいと思いました(笑)。
しかし、何て地味なケーキなんだろ・・・・(>_<)


●ブログランキング参加中。 バナナケーキ見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-19 23:10 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

そろそろ・・・・ブラウニー

d0087418_19171373.jpg
そろそろ、バレンタインのお菓子注文(友人からですが・・・)が入ってきていて、バレンタイン・リハーサルです。

ホントは、生クリームをサンドしたやわらかなチョコレートケーキなんかを作りたいのですが、バレンタインのお菓子は、人から人へ渡るものなので、ある程度こちらの想定外の扱いを受ける、という予測のもとに製作します(笑)。

チョコレート菓子でありながら、温度変化に耐え、日持ちがし、多少荒っぽい扱いをされても崩れにくく、しかも超カワイクなければならないのです(笑)。
そして、何より気を使う衛生面。
手作りお菓子なのに、冷蔵保管シールを貼り、賞味期限まで記入してます(A型です・・・(笑))。

とりあえず、ブラウニーを試作。
d0087418_19192982.jpg
チョコレートは、カカオバリー社のスイートピストールミアメールを使用。
タブレット型で使いやすいです。
蛇足ですが、昔チョコレートの1.5kgのカタマリを包丁でカットする時、包丁の刃が欠けたことがあります(笑)。
チョコレートは冷蔵保存するものではないのですが、保管場所が寒かったんですね。
青森の冬だし(笑)。

さて、チョコレート生地を作って21センチ四角型に流し、くるみをおきます。
このおき方にポイントが!↓
d0087418_1922646.jpg


さらに焼いたところ↓
d0087418_19224560.jpg
そうです。これは、タテ3×ヨコ3にカットすることを想定してくるみを配置しているのです。

うーん、焼きあがってから考えると多少大きい・・・・。
タテ4×ヨコ4でもよかったな・・・(笑)。
ただ、焼いているうちに、くるみも多少泳ぐ!?ので、カットした時にくるみが思い通りに真ん中に、とはなかなかいかないものですな。

ちなみに、このブラウニー(藤野真紀子先生はブラウニと言っていた)は、アメリカのバザーでみんなが必ず作って売るお菓子だそうです。
バザーや学校行事のお菓子は、ほとんど「○○○の素」みたいな粉で気軽に作るというのが一般的らしいです。

さて、私のバレンタイン・オーダーメードチョコお菓子はどうしようかなぁ。
チョコレート菓子は、当たり前ですが見た目が茶色。
この超地味~な色のお菓子と何を組み合わせて、ラッピングを考え、予算内で多量に作るか?

試作は続く・・・・

●ブログランキング参加中。 ブラウニー見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-15 19:24 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

リクエスト・コーヒークリーム・スワンシュー

d0087418_034369.jpg
新年早々、またまたスワン・シューを作りました。

これは、姪のひとりが「コーヒー味のクリームが入ったシュークリームが食べたい」というリクエストにこたえようと、頑張ったわけですね。

コーヒー味のクリーム・・・・いろいろ調べましたが、普通はシュークリームには入れない・・・・ですよね。そこで、テキトーに作ってみました。

シューの皮はいつも通り(これも作る度に一喜一憂・・・)。。。

クリームは、生クリームに10%の砂糖を加え、濃~くいれたコーヒー適宜(味見しながら・・・)と、ラム酒少々で泡立てたら、けっこう美味しくできました。

というわけで、コーヒークリーム・スワンシューです。
d0087418_085275.jpg


今回、スワンの首のシュー生地が余ったので、姪たちの名前を絞ってみました。
d0087418_010460.jpg
kumiとAkiに見えるかな?

無理やりシュークリームに飾ってみました(笑)。
d0087418_011459.jpg
kumiは途中で折れたので、2つのシューにまたがってます(笑)。やっぱりシュー生地で文字を書くのは耐久性に欠けるみたい・・・・(>_<)

d0087418_0115436.jpg
今回は、この他にちょっぴり勉強になったことがあります。
それは、シュー生地は、あらかじめ焼いておいても、クリームさえ詰めないでおけば、けっこうしけないでカリカリのままということです。
最近の冷蔵庫は乾燥を防ぐために加湿タイプが多いので、冷蔵庫保管よりは冷凍保管の方がいいみたい。もともと水分が少なく凍る要素がないため、変化はあまりありません。

今までシャカリキになって当日頑張ってシュー皮を焼いていたのですが、これが分かったから落ち着いて前日にでも焼こうと思います。

リクエストしてくれた姪本人だけはものすご~く喜んでたくさん食べてくれました。
「お菓子がリクエスト通りに出てきて嬉しい」みたい。しか~し、その他の家族の反応はイマイチでした。

特に大人は「スワン・シューは食べにくいので、フツーの丸いカスタードクリームのがいい」ということで・・・。コレね(後ろに菜箸で穴をあけて見えないように丸口金絞り出し袋でクリームを入れています)。
d0087418_0255665.jpg


ホントに見た目より食い気先行の家族です(笑)。

蛇足ですが、ウチの上空を毎日白鳥がクワックワッ言いながら、飛んでいきます。
近くの堤川にいつもたむろってます。何が楽しいのかなあ?(笑)

近場では、藤崎町平川河川敷の白鳥ふれあい広場や、東津軽郡平内町に浅所海岸(ここの白鳥は国の特別天然記念物です)があり、車でドライブがてら、けっこう気軽に白鳥と触れ合うことができます。

PS。昨日、今日の2日間で青森市の積雪は20センチとなりました。雪かき時にお隣さんに「降りましたね~」って言う程度で、後は何の話題にもなりませんが。

●ブログランキング参加中。 コーヒークリーム・スワンシュー見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-12 00:18 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

青森りんごの田舎風グラタン

d0087418_0413579.jpg
きった青森りんごにサワークリーム、砂糖、卵を混ぜた液をかけて、ちぎった無塩バターをのせ、オーブンで焼きました。

美味しいです。
このりんごのグラタンはよく火を通したので、りんごはふわふわした感じになって、いかにも冬のスィーツグラタンって感じでした。

「田舎風グラタン」って、青森は充分田舎なので、「りんごの青森風グラタン」でもいいくらいです。ま、ネーミングはどうでもいいんですが・・・・(笑)

ところで、私は青森県人なので、やっぱりりんごには特別な思い入れがあります。
青森りんごは値段に関係なく、旬の時期は大変美味しいです。

もぎたてりんごはフレッシュな酸味が際立ち、1週間くらいすると甘みと酸味が調和した落ち着いた美味しさ、シャキシャキも美味しいのですが、多少時間が経ってやわらかくなったりんごもそれなりに食べやすく美味しいものです。

さて、ここで悩みが生じてしまいます。
青森りんごは「素材が良すぎる」のです。

もともと、生のフルーツを加工して食べることに抵抗がある人も多いと思いますが、青森りんごがまさにそれなのです。

素材(生)の状態が美味しすぎるために、ジャム、グラタン、アップルパイ、タルトタタン、アイス等を作った時に、どうしても「美味しすぎる生素材を越えられない」ジレンマに陥ってしまうのです。そのまま食べた方が美味しいんじゃないの?っていう・・・。

ま、お菓子に仕立てるということは、生の食材とは全く別の食べ物にしてしまうんだ、と割り切ればいいんでしょうけどね。

青森県は食材の宝庫で、りんごの他に、ホタテ、長いも、にんにく、いか等、日本一の生産量を誇る美味しいものがたくさんあります。
やっぱり、加工するには原材料が美味しすぎて、加工してから素材を越える味を作るのは難しいのではないかと私は考えています。

う~ん、ライフワークである青森りんごの究極のアップルパイ作りも、悩みが多くてゴールは遥か遠いわ~・・・(@_@;)

●ブログランキング参加中。 PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-11 00:49 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(4)

花びらいちごのショートケーキ

d0087418_19423885.jpg
薄くスライスしたいちごを、花びらのように丸く重ねて飾ったショートケーキです。
山本麗子先生がだいぶ前の「きょうの料理」で紹介していました。

切りやすく、食べやすいです(笑)。

d0087418_1944334.jpg
カットしたところ。

d0087418_19443382.jpg
このケーキの特徴は、同じいちごを煮詰めたジュースにゼラチン、砂糖を加え、ゼリー液にして、それを全体に塗ることなんです。
とても香りがいいし、見た目もピンクでかわいいです。
でも、どうしてもタラタラたれてきてしまうのが難点・・・・。
使いやすさからいうと、やっぱりナパージュかなあ・・?

ところで、山本麗子先生のスポンジは、私が知る限り唯一「共立ての時にボールを温めない方法」なのです。
かえって卵が泡立ちにくいと思うのですが、室温のままで卵を泡立てると泡が安定するような気がしなくもないよーな気がするのです(どっちだ?(笑))

どうしてこの方法なのか、機会があれば是非ご本人にお聞きしてみたい!と思う今日この頃です。

●ブログランキング参加中。 花びらいちごのショートケーキをいろいろな方に見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-07 19:48 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(10)

スワンシュー・・・・宅急便で配達しました

ラク~なシュークリームとして、昨年12月8日にご紹介したスワン・シュー。写真はこちら。
d0087418_0341868.jpg
このスワンシューを宅急便で友人に配送しました。

ええ~~~~っ!??? 私もビックリです(笑)。
よくこんなの宅急便で送ろうと考えついたと思います(笑)。
でも、遠く離れた友人に、ど~しても食べて欲しかった。
欲望に忠実なタイプです(笑)。

着いたよ~♪と、到着したスワンシューを友人が携帯で撮影してくれたのがこちら。
d0087418_0364352.jpg
ねっ、ちゃんと到着しているでしょう?

どーやって配送したかというと・・・・
実は、シューを焼いて、クリームを詰め、生クリームを絞って、羽を刺すところまでを作り、プチプチ梱包剤を多く敷き詰めた箱に詰めて、その他に首の部分
d0087418_042338.jpg
(これを焼いたもの)を別梱包して、一緒に配送したのです。

友人は、私の組み立て図(?)を見て、首をシューに差し込んで、出来上がり~!というわけです。

シューの皮が配送しているうちに、クリームの水分でだいぶしけってしまいますが、それはそれで美味しいものです。

これはクロネコヤマトの県内当日配達(実際は青森→東北主要都市当日配達)があるのを知って、それなら「当日製作→当日配送→当日到着→当日試食」ができるのではないかと思い、実験的にやってみたものです。

多少形が崩れても、手で直してくれたので、まいっか~ってことで・・・・。
これも仲のよい友人宛だからできるワザ。実験を手伝ってくれました。
持つべきものは・・・・です。

しかし、これを送った時は「何も言わずに突然」配送してしまった私。
多分、友人はフタを開けた瞬間は「???」だったでしょうね(笑)。

●ブログランキング参加中。 スワンシューをいろいろな方に見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-06 00:24 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(2)

柚子朗

d0087418_2332597.jpg
最近のマイブームは、ズバリ!「柚子」です。

青森では柚子の木はほとんどないので、柚子ってよく知らない人が多いのです。
私もかつてはそのひとりでした。

ご縁がありまして柚子をたくさんいただく機会があり、そしてこの柚子朗レシピ(sarajyaさんのだそうです)までもいただきまして、感謝感激です!

柚子朗・・・・朗ってなんだ朗?
・・・・な~んておやじギャグまで出てしまいました。
自分で作った柚子朗に、手前から、柚子一朗、柚子二朗、柚子三朗、柚子四朗と名前をつけました。マジです。

それくらい愛おしく、美味しいんです。
これは第1作目だったので、皮を剥いてそのまま浮かすのを知らず、すって入れてしまったバージョンです。
柚子と砂糖とを寒天で煮溶かしたお菓子なのですが、ホットでも、冷たく冷やして固めても、さらにレンジでチンしてもとにかく美味しい。

こんなに色が美しく、熱くても冷たくても美味しくて、誰もが好きなお菓子が外国にあろうか。
い~や日本にしか絶対ない! 断言!

この後何度も柚子朗作りましたが、何度作っても美味しい・・・。
最後は大鍋ひとつ(2リットルくらい?)作りましたが、子どもから老人まで親戚+家族で一気に食べきりました。
初めて柚子を食べた親戚の子どもまで「美味しい~♪」とおかわりしてました。

アイ・ラブ・柚子♪
家族には「ひろみは柚子にとりつかれて・・・・いやハマってるんだね」と言われています(笑)

●ブログランキング参加中。いろんな方にお菓子を見て欲しい! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-05 23:50 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

ヨーグルトクリームのバシュラン

d0087418_0265193.jpg
ヨーグルトクリームのバシュランです。

オーブン・ミトンの小嶋ルミさんのレシピのアレンジ。
何だかショートケーキのような、でもクリームのような、不思議な写真。

d0087418_0285340.jpg
実は、フルーツの下の絞りは全て「焼きメレンゲ」なんです。
砂糖を入れて泡立てたメレンゲを絞って、120度で2時間焼くとこうなります。
これだけでもけっこうカリカリ美味しいです。
メレンゲは甘い甘いイメージがありますが、これはけっこう砂糖控えめ。

この上に、水気を切ったヨーグルト+固く泡立てた生クリームを合わせて入れ(この時点でかなり固かった)それをオアシス代わりに、フルーツをバンバン刺していきました。

多分オリジナルレシピでは、フルーツは単にのせるだけだと思う・・・(笑)。

d0087418_0311226.jpg
絞りのアップはこんな感じ。

d0087418_0315442.jpg
カットしたところはこんな感じ。

味は・・・・すっぱいフルーツ、砂糖なしのヨーグルト生クリームに、甘くシャリシャリしたメレンゲが一緒になって、思ったより全体は甘くなくて食感がおもしろく、美味しかったです。

ただ、普通は洋菓子というと、フルーツ+生クリーム+やわらかスポンジを想像するので、この食感は「ふっしぎ~!?!?!?」って感じ。
サプライズケーキにはいいかも?(笑)

ちなみに、バシュランとは、メレンゲとアイスクリーム、ホイップクリームを合わせたフランスの伝統菓子だそうです。

●ブログランキング参加中。PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-05 00:34 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

ロゴ入りガトー・ショコラ

d0087418_9202521.jpg
ひろみの「H]のロゴ入りガトー・ショコラです。

雪印の無塩バターのウラに書いてあったレシピです(笑)。
普通は、卵黄と卵白を別々にあわ立てる別立てなのですが、これは珍しい共立てタイプ。カンタンです。

ガトー・ショコラは表面がバリバリに割れて焼き上がるのですが、フタをして自然に覚ますとしっとりして割れ目も目だたなくなります。

得意の「なんちゃって・フリーハンド」でテキトーに紙にHの文字を書き(筆で書いたようなイメージ)、はさみで切り取り、ケーキの上にのせて粉砂糖をふりかけました。

粉砂糖は「泣かない砂糖」です。
氷点下5度の朝に降る青森の粉雪のように(笑)、細かくて、そして泣かない(溶けない)のです。

今年は、あんまり泣かないで(笑)、過ごしたいものですね。

●ブログランキング参加中。PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-04 09:31 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(2)

あけましておめでとうございます

d0087418_0282815.jpg
新年あけましておめでとうございます。
今年もど~ぞど~ぞど~ぞよろしくお願い申し上げます(*^^*)

これは実際の年賀状に使った写真です。

これより下は、未公開版ブログでおめでとう写真です。
ってほど大したものではありませんが・・・・
年賀状はスペースが限られているため、いっぱいクッキー作って頑張ったのですが、ほとんどボツになっちゃったんですよね・・・・

今日は思いっきりUPです~!
d0087418_0291551.jpg
一応おめでたい写真なので、バックを赤に。でもちょっと暗いかな?

d0087418_0294751.jpg
アップで見るとこんな感じ。いのししが上に向かって駆け上がっていくイメージ(そんな顔してないケド・・・・(笑))

d0087418_0344120.jpg
いのししいっぱい作りましたが、ほとんどボツに・・・

d0087418_0352244.jpg
このいのししも作りました。

d0087418_036449.jpg
首かしげてみました(笑)

d0087418_0381328.jpg
以前もUPした、ケーキカット部分。

d0087418_0384417.jpg
こんなにたくさん作ったのに、結局ほとんどボツで家族の単なるおやつに・・・・

というわけで、2007年年賀状用写真でした。

今年もいっぱい遊びにいらしてくださいね(*^^*)

●ブログランキング参加中。PLEASE「ポチッ」●
[PR]
by hiromiromi0203 | 2007-01-01 00:39 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(8)

元NHK文化センターアイシングクッキー講師。今田美奈子お菓子教室、コルドン・ブルー代官山校、藤野真紀子先生、加藤千恵先生、銀座KIHACHI、その他、ちょこっと海外でのお菓子勉強が、まるでウソのようなダラダラお菓子たちをご覧ください。若かったのよ~(笑)。


by hiromiromi0203
プロフィールを見る
画像一覧