シュガー・ウェディングケーキ 4(最終回)

d0087418_20403119.jpg
長らくご覧いただきました、シュガー・ウェディングケーキ制作過程も最終回となりました。

ほんっと長かったですね(笑)

さて、パーツ制作続きです。
プレートのレースもどき部分。

下書きの上にワックスペーパーを止め、その上からなぞるようにロイヤルアイシングを絞り、乾かないうちにアラザンをのせて乾かします。

d0087418_20453046.jpg
前もUPしたけど、こうなります。
とてもとてももろい。
何度も壊れて、泣きました・・・・・(@_@;)


d0087418_20473564.jpg
プレートのカキカキの縁部分を隠すために、アイシングを絞り、さらに新郎新婦の名前を着色したアイシングで絞り、小さい花型でシュガー・ペーストを抜いて接着。

プレートが若干シワシワになって後悔・・・・(;一_一)


d0087418_20464057.jpg
レースが平面的にまっすぐくっつくように、裏返して乾かします。


この時点で3つが2つに・・・・・・破損は続く・・・・コワイっ(@_@;)


d0087418_20495947.jpg
プレートをロイヤルアイシングで接着し、最後に指輪と、結んだサテンの細いリボンを接着。

指輪はビミョーにナナメに留めたかったので、乾くまでアルミホイルで固定します。




d0087418_20525940.jpg
やっやっやっやっやっやっやっやっやっやっやっやっやっ(クドイ?)とこさ・・・・出来上がりました~!


これは、ご依頼を受けた時点で、受付の脇に置いてくださるオブジェとしての、タテヨコ高さ15センチの小さなシュガーケーキということでした。

小さな、小さなケーキというのは分かってる・・・・・でも、やっぱり作るからにはお二人に喜んでいただきたい。


新郎新婦にとって、一生でイチバンの特別な日だから・・・・(*^_^*)


今度シュガーケーキの依頼が来たら、北海道に遊びに行ったりしないで(笑)、まじめに制作活動しよう・・・・・・・とりあえず、今回は間に合ってよかった・・・・・
しかし、北海道の松前公園の桜はよかった・・・・・湯の川の温泉はサイコーだったな・・・・・また行きたいな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


などと走馬灯(笑)のようにいろいろなことが頭をよぎりながら、ほとんど寝てない4日間は終わり、ばったり倒れて爆睡モードにスイッチオン・・・・zzzzzzzzzzzzzz



●ブログランキング参加中。「シュガー・ウェディングケーキ」見てね! PLEASE「ポチッ」●
[PR]
Commented by rinngo61211 at 2007-06-01 01:24
ひろみさん お疲れ様でした。
目の保養と知識をありがとうございます。

ゆっくりと爆睡してね~
また 楽しみにしてます~!(^^)!
Commented by ひろほ at 2007-06-01 12:28 x
お疲れ様でした。
大変な作業ですよね。
ご苦労様でした。
手が不器用な僕には、ちょっと難しい作業かもしれないです(^^;)

先日まで、私東京に遊びに行ってました。
たまに遊びに行くならいいのですが、やはりあの街は、僕には不向きだと再確認させられる旅になりました。
Commented by ひろみ at 2007-06-01 21:02 x
rinngoさん、おばんです~!
いつもご訪問いただいて、ありがとうございます。

rinngoさんのブログもキレイでかわいくて、いつも楽しみにしてますよ~!!(^^)!
Commented by ひろみ at 2007-06-01 21:04 x
ひろほさん、おばんです~!
いらっしゃいませ~(*^_^*)

東京旅行、とても有意義で楽しそうで何よりです。
私も若い頃は東京ばっかり憧れてましたが、今は北海道にばっかり行ってます(笑)。

ステキなお友達がいて、羨ましいです~(*^。^*)
by hiromiromi0203 | 2007-05-30 20:59 | シュガー・クラフト | Comments(4)

元NHK文化センターアイシングクッキー講師。今田美奈子お菓子教室、コルドン・ブルー代官山校、藤野真紀子先生、加藤千恵先生、銀座KIHACHI、その他、ちょこっと海外でのお菓子勉強が、まるでウソのようなダラダラお菓子たちをご覧ください。若かったのよ~(笑)。


by hiromiromi0203
プロフィールを見る
画像一覧