米粉(リ・ファーヌ)vsバイオレット小麦粉実験

最近、マイブームの米粉・・・・(^-^)☆
ネット上では、とてもモチモチするとか、軽く仕上がる、という意見が多いので、シンプルな別立て(卵黄と卵白を別にあわ立てる)ロールケーキに生クリームを巻いて、ケーキ用バイオレット小麦粉と比較してみました。
両方のロールケーキとも、米粉または小麦粉を使用する以外は、全て同じ材料、分量、手順でやってみました。疲れました(笑)。

今回は1コのロールケーキに対し、卵黄5個分、卵白4コ分です。

d0087418_132746.jpg
これはバイオレット(ケーキ用)小麦粉で焼いた方。
オーブンから出したてですが、もう焼き縮みが始まってる!

d0087418_145314.jpg
こちらは米粉で焼いた方。うーん、表面にブツブツが・・・・これは、オーブンに入れる前に天板の底をトントンするのが足りなくて、焼いている途中に気泡が表面に浮き上がってきたものと思われます。
これって米粉だからかなあ? 今後の課題。

d0087418_161177.jpg
生クリームを巻いたところ。
向こう側が小麦粉ロール、手前が米粉ロールです。表面ブツブツがハッキリ見えますね。ホールごと人様に見せる場合は、ブツブツはよくないなあ。
小麦粉ロールのはしっこの皮が取れてるのは、巻き巻き技術の問題です(>_<)
しかし、こちらはカットしちゃえば分からない?(笑)

d0087418_181427.jpg
カットしてみました。こちら米粉ロール。ここまでカットすると、あまり表面のブツブツは目立ちませんね。
ホッ・・・。これ米の粉のケーキなんだよっていうとみんなビックリです。
話題性では米粉の勝利!(笑)

d0087418_194845.jpg
こちらは小麦粉ロール。米粉ロールとほとんど見分けがつきません。

今回の結論。
ケーキを焼く過程、巻いている感触、そして味も、米粉、小麦粉ともほとんど変わりませんでした。これは、卵に対して粉量が少ないタイプの天板ケーキだったからだと思われます。
ロールケーキは久々に作りましたが、カットする場所によってサンドした生クリームが寄ってて、自分のあまりのヘタさにヘコみました(笑)。
粉の研究よりも、自分の技術を研究しなければ・・・・という悲しい結論に達しました(~ ̄▽ ̄)~が、次回はスポンジケーキで実験してみようと燃えています!
こんなに疲れたのに、懲りてない・・・(笑)

人気blogランキングへ登録しました! ポチっとね(笑)
[PR]
by hiromiromi0203 | 2006-11-27 01:14 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

元NHK文化センターアイシングクッキー講師。今田美奈子お菓子教室、コルドン・ブルー代官山校、藤野真紀子先生、加藤千恵先生、銀座KIHACHI、その他、ちょこっと海外でのお菓子勉強が、まるでウソのようなダラダラお菓子たちをご覧ください。若かったのよ~(笑)。


by hiromiromi0203
プロフィールを見る
画像一覧