なんちゃって「フラン」

昼ごはんの後片付けをしながら
「なんちゃってフラン」を作ってみました。

家族に大好評でした。

後片付けをしながらでも作れるくらいカンタンです。


あっちなみに、フランって、ヨーロッパのあったかプリン風デザートです。
卵、牛乳、クリーム、砂糖なんかを混ぜた焼いたママのスイーツなのよ。

スペインではプリンのことをフランって言うらしい。


なんで「なんちゃって」かというと、
量がすべてテキトーだから(笑)。
コレ大事!






d0087418_15122626.jpg
①まず、お皿(今日はアップルパイを作るブリキの皿)にフライパンシートを敷きます。
オーブンシートでもなく、アルミホイルでもなく、フライパンシートです。
これで、何と皿すらも洗わなくてOKです。
見た目はイマイチなんだけど、後片付けしながら作ってるデザートだから、これ以上後片付けしたくないよね。

そして、余ったスポンジ(今日はプレーンとココアの2種)をテキトーに入れる。
そう・・・・先日のモザイクケーキで余ったスポンジです。
どんだけケーキ余ってるんだ・・・(笑)。

パサパサになっちゃったスポンジなんか、サイコーですね。






d0087418_15122661.jpg
②レンジでチンして温めた牛乳を「しっとり湿るくらい」注ぎます。
けっこう吸い込むので、入れ過ぎないこと。
そう・・・・これで「卵液を吸い込ませる時間ゼロ」になるのです。
フレンチトーストじゃないからね。






d0087418_15122669.jpg

③卵液を作ります。
今日の場合は目分量で卵1コ、牛乳約1カップくらいを泡立て器シャカシャカ合わせました。
ちょこっと余ってた生クリームとか、サワークリームとか、ヨーグルト入れてもいいかも。
これに、コンデンスミルクとか、はちみつとか、きび砂糖とか、「甘み」を加えます。
味見して、控えめにね。
バニラエッセンスを足すと、よりプリンっぽくなるね。
間違ってもバニラビーンズ使わないように。
そういう高級デザートではないです。



d0087418_15122629.jpg

④卵液をじょーっと流し入れたところ。
これをオーブントースターで8分ほど焼きます。
本当は魚焼きグリルでガ~っと焼きたかったんだけど、皿が入りませんでした(笑)。
2~3センチ深さに浅く流すのもポイント。火が通りやすいように。




d0087418_15123665.jpg
⑤焼けました。
卵が入っているので、ふんわり膨らみます。
アチチチです。





d0087418_15123687.jpg

⑥見て見て!
これがフライパンシートの力!
ツルンと生地が離れて、一切生地がくっついていないよね。
皿さえも洗わなくていいんだよ~。


あとは、みんなで取り分けて、そのままでもいいし、コンデンスミルクとか、はちみつとか、ジャムとか、好きなものかけていただきましょう。


卵の量で多少固くなったり、やわらかくなったりもするのですが、アチチチでよく分からないので、誰も気づきません(笑)。
冷蔵庫の残りであったかデザート、いかがですか?


フルーツを焼きこんだり、ナッツを散らしたり、アレンジも自在です。



♪ ~~~~ ♪ ~~~ ♪ ~~~~ ♪ ~~~ ♪ ~~~~ ♪





シュガークラフト&スイーツ  Hiromi.Romi(ひろみろみ)
d0087418_025067.jpg from Aomori with Love


にほんブログ村 ハンドメイドブログ シュガークラフトへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
↑ いつもありがとうございます。PLEASE 
ポチっ!






[PR]
by hiromiromi0203 | 2016-01-07 15:42 | 作ったよひろみスイーツ | Comments(0)

元NHK文化センターアイシングクッキー講師。今田美奈子お菓子教室、コルドン・ブルー代官山校、藤野真紀子先生、加藤千恵先生、銀座KIHACHI、その他、ちょこっと海外でのお菓子勉強が、まるでウソのようなダラダラお菓子たちをご覧ください。若かったのよ~(笑)。


by hiromiromi0203
プロフィールを見る
画像一覧